アルメイダ病院の産科外来を受診する妊婦さんは、年々増えています。
当院の助産外来では、受診した妊婦さん全員の超音波検査、保健指導を助産師が担当しています。
そして、産科部長が最終評価を行うシステムになっています。
超音波検査だけでなく保健指導もしっかり行うので、通常の健診よりも少し時間がかかりますが、妊婦さんからは、「こんなにゆっくり話ができたのは初めてです。」といつも良い評価をいただいています。
当院は母乳哺育を推進しており、妊婦健診の時から母乳栄養のお話をしています。赤ちゃんが保育器に入って直接母乳を飲めない場合でも、母乳分泌を促進・維持できるように、おっぱいのケアを行っています。退院後も助産外来としての母乳相談を受診していただき、乳房の状態、赤ちゃんの哺乳や生活の様子を確認し、母乳育児の支援や育児相談を行っています。

このページの先頭へ